« 完全に安全なものとは言えない人工乳房 | トップページ | 中国北地方で兵士が覚えた餃子を日本で広めた »

無痛分娩の主流は硬膜外麻酔法

無痛分娩の主流は「硬膜外麻酔法」ですが、硬膜外麻酔が受けられない医学的な理由がある場合などに、陣痛の痛みをやわらげる無痛分娩の方法として、鎮痛薬の点滴や注射を行なう場合があります。 分娩時に使用される麻薬性鎮痛薬は、たいてい痛みを完全に除去するわけではありませんが、これによって、産婦さんの快適さは改善されます。 

投与方法は、多くの場合、産婦さんは水分補給のために腕の静脈か手の甲から点滴が行なわれているので、点滴の管から鎮痛薬を投与します。 点滴をしていない場合は、腕か大腿、あるいはお尻の筋肉に注射をします。 点滴の場合は、薬を投与してから5分くらいで効果があらわれますが、筋肉注射では効き目がすぐにあらわれず、十分に効果があらわれるのに45分くらいかかります。  分娩中によく用いられるのは、オピスタン、モルヒネ、フェンタネスト、スタドールなどの鎮痛薬です。 これらの薬が、母体や胎児にどのような影響を与えるのかは、使用される薬の種類や量、投与のタイミングによって異なります。

母体には、薬の効果が切れるまで、めまい、吐き気、呼吸抑制、かゆみ、排尿困難といった症状が見られる場合があります。 また薬の種類によって、出産後2日間ほど便秘がちになることもあります。 胎児に対する影響は、出産の直前に投与された場合に顕著になります。 それは、胎児が薬を代謝するための十分な時間がないからです。 薬の量が多かったり、投与されたタイミングが出産の時期に近かったりすると、赤ちゃんが呼吸抑制を起こす可能性もあります。 その場合は、麻薬性鎮痛薬の影響を消すためのナルカンという薬を、赤ちゃんに投与します。







最近更新したブログのキーワード 鮑の光EX ブルーベリーアイ ふるさと青汁 気になるキーワ-ド ダイエット酵母 美聴泉 口コミ 潤透花クリーム&ミスト
追伸 先日まで暖かかったのに、今日はまた真冬に戻ったようで雪がちらついたりしています。 満開になった梅もちょっと寒そうですが、小屋ってだんだん春が近づいてくるんでしょうね。 

|

« 完全に安全なものとは言えない人工乳房 | トップページ | 中国北地方で兵士が覚えた餃子を日本で広めた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125585/28159337

この記事へのトラックバック一覧です: 無痛分娩の主流は硬膜外麻酔法:

» 便秘に関する基本的な知識 [便秘の解消に効果的なものとは!?]
このサイトでは便秘に関する情報をお伝えしていきます。まず、便秘が起こる仕組みを理解することからはじめましょう。女性を対象にした調査によると、全体の4割近くの女性が便秘がちまたは便秘であると答えています。テレビのコマーシャルでも便秘薬を扱ったコマーシャルを良く見かけるように、「便秘」っていう言葉自体は我々の生活の身近にあると言う事ができるかと思います。でも便秘っていう言葉の定義ってすごく曖昧なんです... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 15時45分

» クチの中にザー汁出してきました! [生粋の汁好き]
ざーめんミルク大好きなエステ経営者としりあって、一瓶5万で売ってるんだけど今日は直で飲ませて20万もらいましたw もうすぐざーめん御殿がおったちそうwww [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 15時49分

» 妊娠の初期症状から出産に関係する注意 [妊娠の初期症状から出産に関係する注意]
妊娠の初期症状から出産に関係する注意 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 06時24分

« 完全に安全なものとは言えない人工乳房 | トップページ | 中国北地方で兵士が覚えた餃子を日本で広めた »