« 中古マンションを選ぶ時に | トップページ | 無痛分娩の主流は硬膜外麻酔法 »

完全に安全なものとは言えない人工乳房

人工乳房とは、乳がんなどの病気で乳房を失ってしまった方が、乳房を再び手に入れるために使用されるものです。 しかし、完全に安全なものとは言えません。 それでは、どんな危険性があるのでしょう。  体の中に人工乳房を入れると、それを異物と認識するので、カプセル拘縮を起こしやすくなります。

最新のバッグは、安全になってきたといわれますが、カプセル拘縮の可能性が低いだけで、100%大丈夫というわけではありません。 だから、どんなに安全なバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きるかもしれないことを忘れないでください。  カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房が硬くなって不自然な形になります。 また、痛みを伴うような場合は、再手術をしなければいけないことがあります。 この再手術では、人工乳房と一緒に硬縮してしまった部分を取り去るか、別のバッグと取り替えるか、という方法になります。  それでは、人工乳房はどれくらいの耐久性があるのでしょう。 外層が薄い人工乳房は、破損しやすく破れることがあります。

1990年初め頃からイギリスで使用されているものは、破れにくいといわれますが、実際のところ、破損する確率がどれくらいか、ということは明確には分かりません。 破れてしまった場合でも、シリコンジェル人工乳房のほとんどが、シリコンジェルと一緒に体内から取り除くことができます。 ところが、シリコンが外に漏れて広がってしまった場合、シリコノマスという塊ができることがあります。 そのような場合は、局部に激しい痛みを感じます。 だから、激しい痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。










最近更新したブログのキーワード 潤いしずく コラーゲン シンプラルシリーズ へちま水 気になるキーワ-ド ゲンキウコン まぼろしの味噌 山内本店梅屋 イヤー・フォース 集音器 わりとおすすめ記事 中古パワーヘルス エアサプライ 空気清浄機
追伸  今日は暖かいけれど曇りで、これからどんどん天気は下り坂って感じです。 花粉も飛び始めて花がぐずぐずなってます。 そろそろ黄砂もやってくるとか言ってますね。。

|

« 中古マンションを選ぶ時に | トップページ | 無痛分娩の主流は硬膜外麻酔法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125585/28047315

この記事へのトラックバック一覧です: 完全に安全なものとは言えない人工乳房:

« 中古マンションを選ぶ時に | トップページ | 無痛分娩の主流は硬膜外麻酔法 »