« 敗血症や髄膜炎といった重症の病気になってしまう場合 | トップページ | 脂肪溶解注射がその患者に適切かどうかカウンセリング »

紫外線(UV)対策の基本

紫外線(UV)対策の基本は、紫外線(UV)を防ぐことです。つまり、紫外線(UV)予防の3本柱・・・1:日焼け止めクリーム、2:日傘、長袖の服、3:帽子、サングラス・・・を徹底することといっていいでしょう。しかし、それでも日焼けしてしまうことはあります。紫外線(UV)を100パーセント、1日24時間、1年365日防ぐことは不可能に近いからです。

したがって、日焼けをしてしまった場合の対策も考えておくことが大切です。そして肌へのダメージを少しでも和らげ、またあとに残さないようにしましょう。  日焼けは、やけどと同じです。やけども軽いものは赤くなり、ひどくなると水泡ができ、さらにもっと深くまで炎症がおよぶと皮膚は白くなって、もはや感覚がなくなってしまいます。 日焼けの場合の治療においてまず大切なことは、少しでも焼きすぎたな、と感じたらそれ以上に紫外線(UV)を受けないようにすることです。そして濡れタオルなどでまず冷やします。  ひどいサンバーンで水泡ができるほどの場合は、医師の診察を受け、その指示のもとで副腎皮質ホルモン軟膏を塗ると、炎症を抑えるのに有効です。

ローションなども清涼感があり、日焼けによる灼熱感を和らげるのに役立ちます。また、昔からビタミンCの内服は、色素沈着の予防に有効とされています。ただし、民間療法で、レモンを薄切りにしたり、キュウリを薄切りにして、赤くなった皮膚のうえに貼るパック療法が勧められることがありますが、傷ついてしまった皮膚をさらに刺激してしまうことがあるので、安易に取り組むのは考えものです。












最近更新したブログのキーワード スーパーグルコサミン ヘナ+木藍 ナイアード 気になるキーワ-ド すっぽん小町 コラーゲン マイセリーナ スーパーグルコサミン 輝寿パルメット ノコギリヤシ わりとおすすめ記事 野本 ぷち卵油 オムロン 電気治療器HV-F5200 吉祥根付十点揃 マンモス象牙 追伸 今月は良く雨が降りますねえ。 東京では、今日で5日連続で雨なのだそうです。 洗濯物が乾かないので、コインランドリーがはやっているそうですよ。 早く良い天気が続くようにならないかと思います

|

« 敗血症や髄膜炎といった重症の病気になってしまう場合 | トップページ | 脂肪溶解注射がその患者に適切かどうかカウンセリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125585/28389698

この記事へのトラックバック一覧です: 紫外線(UV)対策の基本:

» 性感マッサージうまうまw [性感マッサージうまうまw]
男が女に性感マッサージしてもうかるとかマジであったんだなwww 昨晩も加藤鷹ビデオで研究の成果を発揮で五回潮を吹かせて30萬ゲットしてきたしw とりま、爪切ろっとwww [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 15時33分

» ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像 [ヌードCMで話題の戸田恵梨香の過激映像]
ヌードCMで話題の戸田恵梨香に、さらに過激な映像があるという [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 20時41分

« 敗血症や髄膜炎といった重症の病気になってしまう場合 | トップページ | 脂肪溶解注射がその患者に適切かどうかカウンセリング »